昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日から26日まで降り続いた大雨により、僧都川の堤防は2箇所崩壊し、濁流は城辺市外に流れ込んだ。民家はすべて床上浸水となった。水稲の被害も甚大であった。また、7月22日の夕方には、久良真浦の後の山が崩れ、民家6戸をつぶし、警防団員4人、住民3人の合計7人が亡くなった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
城辺町誌編集委員会編「城辺町誌」(城辺町、1966年)、32頁及び34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 僧都川 堤防決壊 山崩れ 死者
NO.
愛媛6701

よく似た災害

昭和19年の水害

昭和19年(1944)9月16日から17日にかけて暴風雨で、県道の通行は不可能となったが、結実期の水稲の被害は軽少であった。 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月27日、大雨となり、夕方に至り風雨ともに激しく、両川(四万十川、後川)が次第に氾濫して交通は途絶した。28日には増水はますま... 続きを読む

昭和2年の洪水

昭和2年(1927)4月3日、1日からの雨が激しくなり、午後3時頃には四万十川の水は4m程の増水となった。雨は一時的に小降りとなったが、梼原、大野見方... 続きを読む

昭和23年の干ばつ

昭和23年(1948)7月~8月、干ばつにより、県下の水稲植付け不能面積は約2,480ha、被害数量約33,660余石であった。水稲の植付不能地には甘... 続きを読む

昭和19年の風雨

昭和19年(1944)9月16日から17日にかけてどしゃ降りで、17日午後3時頃からは風雨が加わった。県道が通行不能となったが、水稲の被害は軽微であっ... 続きを読む