昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県まんのう町(仲南町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、南海大地震が発生した。県内の被害は死者52人、負傷者210人、家屋の全壊608戸、半壊2,409戸で、北部海岸地域に多く、南部山地では少なかった。仲南町の被害は比較的少なく、壁に亀裂が生じ、屋根瓦が傷んだ程度であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
仲南町誌編集委員会編「仲南町誌」(仲南町、1982年)、72-73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
香川6

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による被害は比較的少なかった。高岡郡下の被害は、死傷者3名、全壊21戸、半壊25戸、流失15戸、床上浸水136... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こった。大方町と白田川村の被害は、死者30人、負傷者12人、家屋の倒壊261戸、半壊397... 続きを読む

明治36年7月の大雨

明治36年(1903)6月下旬から連続降雨となり、7月8日に梅雨末期豪雨となった。雨量は南部山地で多く、北部吉野川筋では少なかった。那賀川、その他県南... 続きを読む

明治36年7月の大雨

明治36年(1903)6月下旬から連続降雨となり、7月8日に梅雨末期豪雨となった。雨量は南部山地で多く、北部吉野川筋では少なかった。那賀川、その他県南... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前5時頃、大地震が起こり、高知県の被害は最も甚大であった。被害は石崖、堤防、道路の決壊、落石、亀裂などが多く、家屋... 続きを読む