元禄7年の火災

災害年月日
1694年05月18日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
火災  
概要
元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竃場から失火し、烈風に煽られ火の手は八方に燃え広がった。火は午後3時頃まで燃え続けて全山の施設のほとんどを焼失し、銅山役人をはじめ合わせて死者132人を出すという大惨事となった。この火災時には、隣の立川銅山側が火の手が及ぶのを防ぐため、「向い火」として付近一帯の山林に火を付けたので、立川側に逃げ道を求めた人々は前後を火にはさまれ、多数の焼死者を出す結果になった。住友では、犠牲者を悼んで別子山中に蘭塔場を設けて弔った。
地理院地図
Googleマップ
備考
別子山中には火災の犠牲者を悼んで蘭塔婆が設けられている。
参考画像
参考文献
伊藤義一「初期の別子銅山覚え書」(伊藤義一編「伊豫史談 第203・204合併号」伊豫史談会、1972年)、15頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
火災 別子銅山 死者 向い火 蘭塔場
NO.
愛媛7133

よく似た災害

元禄7年の別子銅山の火災

image

元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竈場から出火し、烈風にあおられて燃え広がり、午後3時頃まで燃え続けた。全山の施設のほとんどを焼失... 続きを読む

元禄7年の大火

image

元禄7年(1694)4月25日、別子銅山の沢田ご番所あたりの焼鉱窯から飛んだ火が枯れ木に燃え移り、次第に火勢を増して、住家、事務所、その他の建物をなめ... 続きを読む

元禄7年の火災

元禄7年(1694)閏5月、別子銅山大火、死傷多し。(「新居郡誌」による) 続きを読む

元禄8年の風雨

元禄8年(1696)7月21日深夜から早朝にかけて、別子銅山は大風雨に襲われ、死者6人、手手物・道路・橋の倒壊・破損により、2,200余両の被害を出し... 続きを読む

元禄8年の風雨

image

元禄8年(1696)7月21日深夜から翌朝にかけて、別子銅山は大風雨に襲われ、死者6人、建物・道・橋の倒壊被損2,200両余という大被害となった。 続きを読む