安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、東海、東山、南海道にM8.4の東海地震。翌5日、畿内、東海、北陸、南海、山陽、山陰道にM8.4の南海地震。その2日後の11月7日、伊予西部・豊後地方にM7.3の地震。大洲城はこの3地震により、東御門台、東御門橋掛櫓が大破し、安政3年(1856)に普請を終えた。(「大洲市史」、「愛媛県気象史料」等による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
村上光「江戸時代における大洲地方の自然災害補遺」(高須賀康生編「伊豫史談 第302号」伊豫史談会、1996年)、25-26頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 大洲城 大洲市史 愛媛県気象史料
NO.
愛媛7143

よく似た災害

安政4年の地震

image

安政4年(1857)8月25日、大地震、大洲城内処々破損、城下町家2軒潰、154軒大破。道は裂け、石垣は過半崩壊し、天守閣の屋根・壁、城門回り櫓・高欄... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝の地震は、東海地方沖が震源であるため大きな揺れはなかったが、5日夕方に紀伊半島沖を震源とする「前代未聞の事」なる地震に... 続きを読む

安政4年の地震

image

安政4年(1857)8月25日午前9時、大地震に見舞われた。余震が続いたため、人々は小屋住まいであった。大洲城内の被害は大きく、西の門辺りは道が裂け、... 続きを読む