昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月22日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月22日、僧都川の決壊により、城辺町で浸水した。写真1枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
四国の治水問題研究会編「四国の水害」(四国建設弘済会、1981年)、117頁
情報源の種類
写真集
キーワード
洪水 僧都川決壊 写真
NO.
愛媛7299

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月24日、大洪水により、田畑の被害大であった。城辺町では僧都川の堤防決壊により被害大で、一本松町からも復旧の救援に向かう。 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)8月、出水により、八幡浜市で浸水した。写真1枚。 続きを読む

大正10年の洪水

大正10年(1921)、茨谷池(現在の鶴亀池)の堤防の決壊により、田畑への土砂流失、民家への被害。写真2枚。 続きを読む

明治18年の豪雨

明治18年(1885)、豪雨のため僧都川が氾濫し、城辺村中組から西の一帯が浸水した。 続きを読む

昭和18年7月の水害

昭和18年(1943)7月21日~25日、豪雨のため、南宇和郡内一帯は大被害を被った。城辺町内の僧都川で2箇所が決壊し、伊勢町、矢の町、中町、北裡から... 続きを読む