明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、別子銅山で大水害が発生し、死者は513人に達した。この稿には、別子銅山殉職者追悼法要の様子と大水害の概要が示されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
新居浜市の瑞応寺には、別子銅山遭難流亡者碑が建立されている。
参考画像
参考文献
曽我幸弘「別子大水害から110年-慰霊式と被害の概要-」(新居浜郷土史談会編集部編「新居浜史談 第378号」新居浜郷土史談会、2010年)、17-20頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 別子銅山 水害 死者
NO.
愛媛7309

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、東予地方の山間部では豪雨となり、宇摩、新居郡、特に別子銅山では大規模な山崩れが続出し、死者512人、家屋... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、別子銅山水害が起こり、死者512人、家屋の流失・倒壊186戸。その他東予で死者151人。 続きを読む

明治32年の豪雨

image

明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、600人近くの生霊が奪われ、200年の伝統を誇った上部溶鉱炉と、硫酸銅工場及び坑... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、千余人の犠牲者を出した。この記録には、当時神戸新聞の記者であった江見忠功が現地から報告した... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、千余人の犠牲者を出した。この記録には、当時神戸新聞の記者であった江見忠功が現地から報告した... 続きを読む