嘉永2年の台風

災害年月日
1849年08月26日
市町村
愛媛県久万地方
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月9日より11日、久万地方で大暴風雨となった。倒壊家屋100余戸、田畑床流8町歩、道路橋梁破損数知れず。その時、松山藩は5ヶ年に米1,500俵、銭19貫694匁3分5厘(60匁が1両)を下賜されて久万山農民を救助されたという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
花岡珍夫「明治19年大暴風雨覚書」(ふるさと久万編集委員会編「ふるさと久万 第29号」久万郷土会、1984年)、6頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 久万 下賜金
NO.
愛媛7313

よく似た災害

元禄13年の台風

元禄13年(1700)6月30日、大風黒雲煙の如く巻き上げ、野市から仁淀川にかけて倒壊家屋数知れず、死傷多し。 続きを読む

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月11日、風雨。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による)/7月9日より11日に至る大風雨により非常の損害があったため、藩主は風損... 続きを読む

明治19年9月の洪水

明治19年(1886)旧8月12日暁、大風により倒れた家は数知れず、諸作物は4分、5分作くらいの見込みであった。近村の大井野村と住次郎村で家が流されて... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により、人家の傾くもの数知れず。藩では金銭や米穀を出して人々を救った。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」など... 続きを読む

元文4年の台風

元文4年(1739)8月5日、松山領大風雨、損毛高14,065石であった。(「松山藩譜」による) 続きを読む