安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
香川県三豊郡
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日、大地震があり、人家の多くが倒壊し、人々は屋外に避難した。翌年になって余震が止んだ。地震後、産業が不振を来たし、世の中は窮乏に瀕し、盗難が各所で起こったので、丸亀藩では予讃の境界を厳格にして盗賊を逮捕した。(「香川県史」及び「万覚帳」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三豊郡編「三豊郡史」(三豊郡、1921年)、588頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 香川県史 万覚帳
NO.
香川49

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日~5日、大地震。民家の倒壊が多かった(丸亀で104軒)。盗賊が各所に起こったため、丸亀藩では予讃の境界を厳しきして、盗賊... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が起こった。「高松藩記」には、人家の倒壊3,000余戸、人々は草舎をつくって十数日寝床としたなどと記されて... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、ゆり始め、12月30日まで約60日も地震が続いた。家の倒壊、山崩れ等が各所で起こり、人々は竹やぶや広い安全な地に小屋を... 続きを読む