昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県丸亀市(飯山町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生した。飯山町には正確な記録は残されていないが、地震を経験した人の話では、大きな地鳴りと強い揺れのため、しばらくは寒夜にたき火をして、家に入るのをためらったという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
飯山町誌編さん委員会編「飯山町誌」(飯山町、1988年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
香川68

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、新居浜市の別子山村では地震直後から坑内で湧水があり、しばらく採鉱できなかった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生した。土佐山田町でも道路に亀裂、家屋に損壊が各地で起こり、泉や井戸水の水涸れ等の減少... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七つ時(午後4時頃)、大地震が起こり、しばらくして大津波があった。この時は、宝永地震の津波に懲り、地震が始まると同時に、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生し、高知県、徳島県などの被害が大きかった。愛媛県では昭和2年3月の北丹後地震以来の大きな地震で、松山で震度4であ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生した。奈半利町では地震発生の少し前に、動物が騒ぐなどの兆候があり、ゴーッと地鳴りがす... 続きを読む