昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県宇多津町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により塩田堤防と製塩施設は未曾有の損害を被った。また、地盤沈下は30~40cmに達し、台風、高潮に備えて嵩上げ工事が行われた。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では発生日が12月26日となっているが、12月21日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇多津町誌編集委員会編「新宇多津町誌」(宇多津町、1982年)、275頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 塩田 地盤沈下
NO.
香川75

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の地震により、禎瑞新田で家屋の倒壊、一部堤塘の崩壊、潮水の噴出、地盤沈下等があった。禎瑞地区の地盤沈下は約20cmで... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、富士紡岸壁や新川下流左岸など至る所に亀裂が生じた。また、地震による地盤沈下のため、人々は高潮に備え... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、南予から東予地方にかけて40~80cmの地盤沈下をきたし、吉田町でも被災した海岸地区の高潮対策とし... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、海部郡海岸線一帯では北部で沈下量が大きく、南に向かうにしたがい漸減している。当郡一帯は地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時半、大地震が起きた。冷田川の下流から、約3mの高さの高浪が上流に向かって遡ってきた。通り過ぎた後は、川一杯に... 続きを読む