昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、草壁・安田・福田の3町村で、多数の住宅の屋根瓦が崩落した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、157頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 草壁 安田 福田
NO.
香川81

よく似た災害

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時28分、芸予地震が起こった。東予市では、北条新田地区を中心に住宅約500棟の屋根瓦が崩落し、ブロック塀のひび割れ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、工場の煙突の倒壊、家屋の屋根瓦の落下など相当の被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により屋根瓦が落ち、塀が倒れ、家が傾き、棟が落ちた。被害は三井東西、真天南部、山階南部、向井で大きかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震により、屋根瓦の崩落、灯籠・墓石の倒壊、地割れなどが物すごかった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、南海地震が発生した。鷲敷町の震度は5で、町民のほとんどが屋外に飛び出し、畑や竹藪などで夜を明かした。幸... 続きを読む