昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、工場の煙突の倒壊、家屋の屋根瓦の落下など相当の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
戦後の安田誌編集委員会編「ふるさと 安田」(戦後の安田誌編集委員会、2006年)、326頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
香川82

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により屋根瓦が落ち、塀が倒れ、家が傾き、棟が落ちた。被害は三井東西、真天南部、山階南部、向井で大きかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震により、屋根瓦の崩落、灯籠・墓石の倒壊、地割れなどが物すごかった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、仁尾町全域で地盤沈下、屋根瓦等全壊の被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、仲多度郡一帯の沈下量は37~38cmである。多度津町では、地震により倒壊家屋10戸、半潰家屋50戸... 続きを読む

昭和46年の台風10号

昭和46年(1971)8月20日、台風10号が今治市付近を通過し、津倉小学校の校庭の巨木・ヒマラヤシーダーが倒れ、吉海中学校の校舎の屋根瓦がはがれ、亀... 続きを読む