昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県直島町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南西沖50kmを震源とするM8.1の南海地震が発生した。直島では個人の生命や財産への直接被害は軽くて済んだが、地盤変動のため護岸・防波堤の沈下、水田・井戸への海水の侵入などの被害が著しかった。なかでも海岸平地の本村・宮浦・積浦の3集落では井戸への海水侵入が共通して発生したので、井戸の大半は使えず、住民の日常生活に大きな支障を来すことになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
直島町史編纂委員会編「直島町誌」(直島町、1990年)、714-715頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 海水侵入 井戸
NO.
香川90

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、土佐沖で南海地震が発生し、宇摩地方の海岸の地盤は0.5m以上沈下した。八綱浦などの広い海岸や砂浜は海底に没し、海岸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日暁方、南海地震が起こり、四国も強震で、人畜の傷害、家屋の倒壊、交通機関の途絶等被害大きく、地盤は沈下し、海岸への海水... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、土佐沖を震源とする南海大地震が発生した。当地の被害記録は見当たらないが、宇摩郡の海岸は50cm以上沈下し、河川の逆... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、M8.0の南海地震が発生した。小才角では住家1戸が全壊、死者2人。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、潮岬の南50km位を震源地とした大地震が発生した。町内では家屋のほとんどが被害を受け、このうち倒壊家屋4戸、半... 続きを読む