明治26年の洪水

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、昨夜の雨が激しく、重信川は大出水となった。田窪の人々は拝志側に、見奈良の人々は横川(横河原)西堤防に参集して水防に当たり、薄暮に川の東に沿う堤防が決壊したため、水は彼方に傾き、我が居村(見奈良)は事なきを得た。(「相原日記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
東温市横河原区編「横河原区誌」(東温市横河原区、2006年)、11頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 重信川 堤防決壊 相原日記
NO.
愛媛7861

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月17日、暴風雨により、川内町の北方・南方に沿う堤防が決壊した。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、豪雨のため重信川大出水。田窪の人々は排志側に、見奈良の人々は横河原西堤防に参集し、死力を尽くして防御した。薄暮にな... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、豪雨のため重信川大出水。田窪の人々は排志側に、見奈良の人々は横河原西堤防に参集し、死力を尽くして防御した。薄暮にな... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨で横川(横河原)の堤防が破損し、田窪村の東南に水が襲来したため、人々は水防に当たった。樋口村の字百軒と称... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月17日、暴風雨により、川内町の北方・南方に沿う堤防決壊。 続きを読む