昭和21年の水害

災害年月日
1946年07月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
昭和21年(1946)7月、水害があり、拝志・南吉井方面が大きな被害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
東温市横河原区編「横河原区誌」(東温市横河原区、2006年)、12頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 拝志村 南吉井村
NO.
愛媛7871

よく似た災害

大正12年の水害

大正12年(1923)、大正期最大の水害があり、拝志村が被害を受けた。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、大台風があり、洪水により稲作が大きな被害を受けたと伝え聞いているが、記録は見当たらず不詳である。 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)7月、水害により、主に拝志村が大被害を受けた。昭和18年及び昭和20年の水害により、重信川河口から横河原間19.2kmが県直轄河... 続きを読む

昭和20年の水害

昭和20年(1945)10月、水害により、主に拝志村が大被害を受けた。昭和18年及び昭和20年の水害により、重信川河口から横河原間19.2kmが県直轄... 続きを読む

安政4年の水害

安政4年(1857)閏5月17日から18日にかけて大雨、19日には大暴風雨となり、西峯村では大峯池の堤が切れて、池から下の新田・本田は大きな被害を受け... 続きを読む