寛延元年の洪水

災害年月日
1748年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
寛延元年(1748)、洪水のため、松山領内で被害が多く、道後温泉は土砂に埋まり、松前地方では田畑が流失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
町誌編集委員会編「ふるさと北土居のあゆみ」(町誌編集委員会、2008年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 道後温泉
NO.
愛媛7883

よく似た災害

延享5年の洪水

延享5年(1748)7月24日、伊予郡松前地方で洪水、道後温泉は水害を受けた。 続きを読む

寛延5年の洪水

寛延元年(1748)7月24日、伊予郡、松前地方で大洪水、道後温泉が被害を受けた。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

寛延元年の大雨

寛延元年(1748)7月、大雨により、松前地方洪水。 続きを読む

寛延元年7月の洪水

寛延元年(1748)7月22日、大雨、洪水で民家、田畑が流失。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

明和2年の洪水

明和2年(1765)8月、大雨洪水により、当村では田地4町5反余が被害を受け、塩浜約1町が高潮のため土砂に埋まった。 続きを読む