文政8年の洪水

災害年月日
1825年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
文政8年(1825)、石手川、内川が大決壊し、市坪村が流損し、余戸村の出合は海の如くになった。(「余土村誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
富久歴史資料集編集委員会編「富久とその地域の歩み」(富久歴史保存会、1997年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 内川 市坪村 余土村誌
NO.
愛媛7919

よく似た災害

文政6年の水論

image

文政6年(1823)、両余戸村、垣生村の3ヶ村と南吉田村が水論、騒動となり、南吉田村の百姓忠七が即死した。(「余土村誌」による) 続きを読む

文政6年の水論

image

文政6年(1823)、伊予郡両余戸村・垣生(はぶ)村(3ヶ村)と温泉郡南吉田村が水論、百姓忠七が横死。(「愛媛県農業史」、「余土村誌」等による)(伊予... 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)6月3日、大雨、洪水により、河川堤防決壊、市の坪押し流され、出合辺りは海の如し。潰家500軒、山崩1,024箇所、損毛4万石余。 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)6月3日、洪水により、石手川、内川などの堤防決壊により、「市坪の辺は押流され、出合の辺は海の如し、潰家、半潰家316軒、流死傷者7... 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、大洪水が市ノ坪に押し流れ、人畜被害。(「余土村誌」による) 続きを読む