昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月、洪水のため、県下で死者114人、行方不明20人、家屋の全壊1,132戸などの大きな被害が出た。重信川でも大きな被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
富久歴史資料集編集委員会編「富久とその地域の歩み」(富久歴史保存会、1997年)、81頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者 重信川
NO.
愛媛7921

よく似た災害

昭和25年の洪水

昭和25年(1950)9月、洪水により、重信川では堤防決壊、田畑冠水、床上浸水などの大きな被害があった。 続きを読む

昭和26年の洪水

昭和26年(1951)7月、洪水により、重信川では堤防決壊、田畑冠水、床上浸水などの大きな被害があった。 続きを読む

昭和29年の洪水

昭和29年(1954)7月、洪水により、重信川では堤防決壊、田畑冠水、床上浸水などの大きな被害があった。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、重信川では既往最大の洪水に見舞われ、破堤・溢水8箇所、家屋の浸水約12,500戸などの被害を受けた。 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)8月、大洪水があり、国分川の堤防が大津で7箇所、布師田、岡豊でも壊れ、大津、布師田、岡豊などで大きな被害が出た。 続きを読む