大正元年の台風

災害年月日
1912年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)、暴風雨により、中山川の堤防決壊、田畑流失。(西条市自然災害年表による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西条市市民安全部危機管理課編「西条市防災100年誌」(西条市市民安全部危機管理課、2009年)、13頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 中山川 堤防決壊
NO.
愛媛8023

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~22日、暴風雨により、中山川角部の土手が決壊、流失家屋28戸、田畑流失10ha、切れ口約100m。雨量は平野部で350... 続きを読む

大正8年の洪水

大正8年(1919)、洪水により、郡道大頭線の東西土手が決壊、田畑流失。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月10日、台風による大暴風雨により、中山川、関屋川、高松川が出水、決壊大被害。流失家屋17戸、田畑何町歩も浸水。(西条市自然災害... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月中旬、暴風雨により、西条市蛭子の大平新開が決壊、蛭子今在家は浸水。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~23日、台風により、平地の雨量300ミリ、山間部の雨量500ミリ、中山川の角部の土手100m決壊。(西条市自然災害年表... 続きを読む