昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県高松市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時20分頃、南海地震が発生した。最初はドシーンと下から突き上げるような衝撃があり、続いてグラッと上下左右の揺れが始まった。そのうち、揺れ方は段々と波のような動きになり、そのような揺れ方が断続的に15分以上も続いた。それは高松管区気象台の地震計が吹っ飛び、記録不能になったほど強烈なものであった。高松市内での被害は、死者24人、全壊家屋17戸、半壊家屋544戸と、空前のものとなった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高松百年史編集室編「高松百年史 下巻」(高松市、1989年)、607-608頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者
NO.
香川129

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生した。奈半利町では地震発生の少し前に、動物が騒ぐなどの兆候があり、ゴーッと地鳴りがす... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、広見町では家が揺れ動き、タンスが今にも倒れそうになった。地震は数分間のものであったが、翌朝には土蔵... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む