安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
香川県高松市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日5ツ時(午前8時)に大地震があり、また7ツ時(午後4時)長い揺れの地震が起こった。新開地などには亀裂が生じ、家屋は傾き、土壁は崩れ、人々は戸外に逃げ、竹やぶに隠れた。高松藩記によると、領内で人家の倒壊3,000余戸に至り、人々は草舎をつくり寝床とすること数十日にわたったという。この地震で、上佐山に冷水泉が湧出し、それが薬師湯の起源になっているとのことである。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
三谷郷土史編集委員会編「三谷郷土史」(三谷郷土史編集委員会、1988年)、183頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 新開地 高松藩記 薬師湯
NO.
香川134

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が起こった。中ノ浜に生まれた池道之助清澄の「嘉永七寅年地震津浪記」によると、大地震により人々... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震があり、長尾の古老の伝承によると、ふらついて道を歩けず、たまり水、便所のため肥が踊り、人々は余震を避けて竹... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝、強い地震があり、さらに夕方、山鳴りとともに大地震が起きて、大きな山崩れが起こった。5日も大地震があり、余震が7日間続... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震あり。家屋がしきりに倒れたので、人々は屋外に避難した。翌5日になって震動は減ったが、草舎で寝食すること10数日に... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が起こった。「高松藩記」には、人家の倒壊3,000余戸、人々は草舎をつくって十数日寝床としたなどと記されて... 続きを読む