安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
香川県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により、封内の人家の破損3,000余となり、土民草屋を作って寝ること10数日に及んだ。(「増補高松藩記」による)また、別所家文書嘉永7年「甲寅日帳」によると、5日の地震により、転家は120軒程に及び、特に高松城下から南の下々郷から大野村、浅野村辺りまでは地震が甚だしかったようである。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香川県編「香川県史 第4巻 通史編 近世Ⅱ」(香川県、1989年)、452-453頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 増補高松藩記 甲寅日帳
NO.
香川142

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が起こった。中ノ浜に生まれた池道之助清澄の「嘉永七寅年地震津浪記」によると、大地震により人々... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。「甲寅大地震御手許日記」によると、津波が総曲輪の八反の大堤を押通って1丈の高さで水田内に入り、兜ばな... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は推定1.2mに及んだ。 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日~5日、大地震が起こった。阿波国には安政大地震に関する旧記録は少ないが、野田定五郎氏の記録によると、11月4日四ツ時、大... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日東南海道沖地震、5日南海道沖地震、7日伊予西部地震が起きた。「桜田親興日記」によると、宇和島では5日の大地震により家屋が... 続きを読む