安政2年の地震

災害年月日
1855年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
地震・津波  
概要
安政2年(1855)、前年の余震と思われる地震が数回発生した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、555頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛6

よく似た災害

安政2年の地震

安政2年(1855)、地震数回あり。(「新居郡誌」による) (註)起日不明、おそらく前年11月の大地震の余震であろう。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、静岡県御前崎沖約70kmでM8.4の地震が発生し、津波が房総半島から土佐湾にかけて発生し、潰滅・焼失家屋は約3万戸、死... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多か... 続きを読む