昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、土佐沖を震源とする南海大地震が発生した。当地の被害記録は見当たらないが、宇摩郡の海岸は50cm以上沈下し、河川の逆流などにより田畑や井戸水が塩害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、555頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 塩害
NO.
愛媛8

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、土佐沖で南海地震が発生し、宇摩地方の海岸の地盤は0.5m以上沈下した。八綱浦などの広い海岸や砂浜は海底に没し、海岸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、明浜町内の海岸は地盤沈下し、家屋が倒壊した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖を震源とする地震により、宇摩郡、新居郡では大きく揺れた。双海町の海岸線では40~50cm地盤沈下した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県下の海岸線は40~50cm地盤沈下した。また、道後温泉の湧出が6ヶ月間止まった。(気象台資料... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県下の海岸線は40~50cm地盤沈下した。また、道後温泉の湧出が6ヶ月間止まった。(気象台資料... 続きを読む