安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日の両日、宇摩地方は大地震に襲われる。翌7日、大地震が発生し、別子銅山では坑内から一斉に出水し、湧水が止まらず、甚大な被害を受けた。三島地方も連日の地震で倒壊する家屋が続出し、人々は空き地、竹藪等に避難した。古老の伝承によると、避難は一週間に及び、生きた心地がしなかったという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 中巻」(伊予三島市、1986年)、507頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 別子銅山
NO.
愛媛11

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の両日、宇摩地方は大地震に襲われる。三島の人々は、2日間、仕事も手に付かず、竹藪に避難して生活した。 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝4ツ時(午前10時)前から大地震が揺り始め、翌5日朝4ツ時までには数回の激しい揺れがあり、人々は空き地の逃れたり、竹や... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)霜月4日を始めとして、大地震が起こった。江野島の古老(当時7歳)が津波に備えて中庄の観音山に避難したことなどの体験談が記されている... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震で家屋倒壊し、屋外に避難した。(「讃岐大日記」による) 続きを読む