昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、土佐沖で南海地震が発生し、宇摩地方の海岸の地盤は0.5m以上沈下した。八綱浦などの広い海岸や砂浜は海底に没し、海岸に近い河川へは海水が逆流し、田畑や井戸水に大きな被害を与えるようになった。それ以降、台風の度に高潮の被害が続出したため、宇摩郡の海岸一帯にコンクリートの防潮堤を築くことになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 中巻」(伊予三島市、1986年)、508頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 高潮 防潮堤
NO.
愛媛15

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、土佐沖を震源とする南海大地震が発生した。当地の被害記録は見当たらないが、宇摩郡の海岸は50cm以上沈下し、河川の逆... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南西沖50kmを震源とするM8.1の南海地震が発生した。直島では個人の生命や財産への直接被害は... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、豊後水道を震源とするM8.4の地震があり、それ以降7日間揺れ動いた。その間、山を崩し、樹木を倒し、飛鳥地に落ち、地盤は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県では宇摩郡と周桑郡が地盤沈下の最も大きな被害を受けている。三島町の沈下量は38cmである。三... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、南海大地震が起こった。被害は死者212人、負傷者665人、家屋の流失・全半壊3,892戸、浸水1,315戸、道... 続きを読む