昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、推定震度6以上の大地震が発生した。壬生川町内の被害は以下のとおりである。死者7人、負傷者9人、家屋の全壊21戸、半壊65戸のほか、道路や河川・海岸堤防は至る所で被害が出た。また、この地震で地盤が沈下し、高潮のたびに堤防を越えて海水が浸入することになった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、74-76頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 地盤沈下 高潮
NO.
愛媛22

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、潮岬の南方50kmで起こった大地震、津波により、死者は浅川で85人、牟岐で53人を出したほか、住家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、潮岬の南方50kmで起こった大地震、津波により、死者は浅川で85人、牟岐で53人を出したほか、住家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、仁尾町全域で地盤沈下、屋根瓦等全壊の被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が起こり、地震と津波の犠牲者は高知県で679人、徳島県で211人、香川県で52人、愛媛県で26人... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が起こり、地震と津波の犠牲者は高知県で679人、徳島県で211人、香川県で52人、愛媛県で26人... 続きを読む