平成7年の水害

災害年月日
1995年07月04日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
平成7年(1995)7月4日午前5時頃から、肱川では旧堤防しかなかった東大洲地区の矢落川左岸で氾濫し、国道56号や市街地が浸水した。東大洲地区は平成5年に八幡浜・大洲地方拠点都市地域に指定され急速に発展してきたところで、商工業に大きな被害が出た。被害は床上浸水768戸、床下浸水429戸に及び、激特災害に指定された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局山鳥坂ダム工事事務所編「肱川の治水~天秤のようなバランス対策~」(国土交通省四国地方整備局山鳥坂ダム工事事務所、2005年)、17-18頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
肱川 水害 矢落川 東大洲 激特災害
NO.
愛媛8503

よく似た災害

平成16年の洪水

平成16年(2004)、肱川では危険水位を超える洪水が8月30日、9月29日及び10月20日の3回発生し、菅田、西大洲地区などの無堤防地域が大きな被害... 続きを読む

昭和50年の地すべり

昭和50年(1975)6月、横倉の水田8aに幅20cm、長さ60mの亀裂ができた。この付近は昭和30年(1955)2月に地すべり地に指定されていたとこ... 続きを読む

平成7年の水害

image

平成7年(1995)7月3日から4日にかけて、梅雨前線により局地的な豪雨となり、大洲上流域の降雨量は240~310ミリを観測した。大洲第2水位観測所の... 続きを読む

平成7年の洪水

平成7年(1995)、肱川の洪水のため、東大洲地区などで被害が出た。 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日~31日、台風16号により、肱川流域東大洲地区では浸水被害が発生した。この研究では、台風16号による東大洲地区の浸水被... 続きを読む