昭和10年の洪水

災害年月日
1935年09月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)9月、肱川の洪水により、大洲の量水標の水位は15.5mとなり、過去の記録に比べて著しいものではなかったのに、肱川中下流の低地は泥海となった。(「荒れる肱川」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県立衛生環境研究所編「肱川と鹿野川湖の35年を振り返って」(愛媛県立衛生環境研究所環境研究課、2008年)、2頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 肱川 荒れる肱川
NO.
愛媛8525

よく似た災害

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)9月、肱川の増水量は大洲の量水標の水位で15.5尺であったが、肱川中下流の低地は泥海となった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)5月中旬より大日照りとなり、黍作は枯れ、畑作は皆無となり、野山の草木まで赤くなり、人々はつるいもを植えることができなかった。旧7... 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月中旬から、干天となった。時々降雨があったので、大きな旱害にはならなかった。/8月3日~5日、雨乞い。(「井内谷村史」による) 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月中旬から、干天となった。時々降雨があったので、大きな旱害にはならなかった。/8月3日~5日、雨乞い。(「井内谷村史」による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震があった。当時は山内一豊が入国して間もない頃で記録が備わらず、後年谷泰山、奥宮正明などの筆記によるものがあるに... 続きを読む