平成7年の洪水

災害年月日
1995年07月04日
市町村
愛媛県肱川流域
災害種類
風水害  
概要
平成7年(1995)7月3日~4日、梅雨前線の南下に伴う活発な活動により、小田川、矢落川、野村ダム上流域で多量の降雨を記録した。大洲雨量観測所では総雨量が約250ミリとなった。このため、肱川では昭和45年以来の大洪水となり、大洲地点の水位観測所では4日10時30分~11時に最高5.84mを記録した。この洪水により、浸水被害は家屋と事業所の合計で床上浸水426戸、床下浸水482戸、軒下浸水20戸に及んだ。このため、平成7年度から5年間で激甚災害対策特別緊急事業(激特事業)が行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
建設省四国地方建設局大洲工事事務所編「あの豪雨水害を繰り返さないために-肱川激甚災害対策特別緊急事業-」(建設省四国地方建設局大洲工事事務所、発行年不明)、1-12頁(パンフレット)
情報源の種類
その他文献等
キーワード
梅雨前線 大雨 洪水 激特事業
NO.
愛媛8526

よく似た災害

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号による猛烈な雨が降り、公渕雨量観測所では最大時間雨量87ミリ、最大24時間雨量358ミリを記録し、春日川... 続きを読む

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月4日~7日、台風14号により、大洲上流域の平均総雨量が309ミリに達するとともに、惣川雨量観測所で日雨量が339ミリを記録す... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日~30日、台風21号により、大洲第2観測所の最高水位は5.28m、最大流量は約2,200立米/秒に達した。また、矢落川... 続きを読む

平成11年の水害

平成11年(1999)6月29日、活発化した梅雨前線の影響による集中豪雨のため、新野雨量観測所では降り始めの29日午前3時から翌30日午前1時までの総... 続きを読む

平成16年の台風15号による土砂災害

平成16年(2004)8月17日から19日にかけて、台風15号の影響で、吉野川上流域では豪雨を記録した。17日17時~18時の1時間に土佐町のイシガ谷... 続きを読む