昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生し、倒壊、近畿、中国、四国などの各地に被害をもたらした。多賀地区では震度5の強震に襲われ、多賀と壬生川を合わせて死者5人、負傷者10人、家屋の全半壊570戸で、ほとんどの家が傾いた。また、多賀地区は1m余地盤が沈下し、湾岸堤防の嵩上げ、護岸工事、機械排水設備の整備などが急がれた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、19頁及び21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 地盤沈下
NO.
愛媛33

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により県下で死者58人、家屋の全半壊1,343戸、地盤沈下、道後温泉の湧出止まる。町内で被害。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、M8.1の南海道地震が起こった。愛媛県下の被害は、死者27人、負傷者28人、家屋の全壊1,133戸... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海道沖でM.81の大地震が発生し、県下では震度4~5となり、被害は県下で死傷者58人、家屋の全半壊1,343... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分過ぎ、南海大地震が起こった。高知市は鏡川下流三角州の軟弱地盤に位置しているため、地震に伴う地盤の不等沈... 続きを読む