元禄6年の風雨

災害年月日
1693年07月23日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  
概要
元禄6年(1693)6月21日、大風雨により、別子銅山で蔵13箇所、鉱夫小屋200余軒が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、429-430頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 別子銅山
NO.
愛媛8744

よく似た災害

元禄6年の風雨

image

元禄6年(1693)6月21日、大風雨により、別子銅山では蔵13箇所、坑夫小屋200余軒が吹き潰されるという被害を受けた。 続きを読む

元禄15年の台風

元禄15年(1702)、大風のため、松山城の瓦が落ち、松318本が倒れ、家2,600軒が倒壊し、死者が16人出た。 続きを読む

元禄15年の台風

image

元禄15年(1702)7月28日、大風があり、松山城の鯱が落下し、城山の松318本が倒れ、侍屋敷20軒、町屋20軒、百姓家2,889軒が倒壊、死者16... 続きを読む

元禄16年の風雨

元禄16年(1703)8月18日、大風雨により、国分川筋洪水、所々堤防切れ、飢人増加して、救小屋を小高坂、長浜黒鳥、中村に置く。救小屋に入る窮民2千余... 続きを読む

元禄3年の風雨

元禄3年(1690)8月11日、大風雨により島方中心に倒壊30戸、破船30艘。(「国府叢書」による) 続きを読む