昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、和歌山県沖の熊野灘でM8.1の大地震が発生し、各地に大きな被害をもたらした。東予市域でも、壬生川町で死者5人、負傷者15人、全壊半壊家屋570戸、国安村で死者4人、負傷者10人、全壊半壊家屋84戸をはじめ、多くの被害を出した。この地震で四国全体に地殻変動が起こり、燧灘に面する東予地方は80~100cm地盤が沈下した。地盤沈下により、飲料水や水田への塩分の浸透、豪雨・高潮時の浸水が引き起こされた。このため、地盤沈下対策事業が実施された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、33頁及び36-37頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 地盤沈下
NO.
愛媛59

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖を震源とする地震により、死者27人、負傷者28人、全壊家屋1,133戸、県下海岸線は平均40~50cm地盤... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震により、死者27人、負傷者28人、全壊家屋1,133戸、県下の海岸線は平均40~50cm地盤沈下し、道後... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖大地震が起こり、その後津波が来襲した。室戸・足摺岬では地盤が隆起し、その他では地盤が沈下した。被... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により県下で死者58人、家屋の全半壊1,343戸、地盤沈下、道後温泉の湧出止まる。町内で被害。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、那賀郡で死者6名、負傷者27名、流失家屋25戸、全壊家屋47戸。 続きを読む