大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
愛媛県西部地域
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月15日、足摺岬から上陸した台風により、宿毛市など高知県南西部及び大洲市など愛媛県西部を中心に未曾有の豪雨・大洪水となり、多数の死者が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、37頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 死者
NO.
愛媛9018

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、足摺岬から上陸した台風により、宿毛市など高知県南西部及び大洲市など愛媛県西部を中心に未曾有の豪雨・大洪水となり、多数の... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、台風15号により、愛媛県東部、香川県西部を中心に集中豪雨による土石流災害が発生し、四国の死者・行方... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、台風15号により、香川県西部、愛媛県東部を中心に集中豪雨による土石流災害が発生し、四国の死者・行方... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日、台風15号による集中豪雨のため、県西部の大野原町、豊浜町を中心に土石流災害、浸水被害が発生し、5人の死者が出た。 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日、台風21号による豪雨が県西部を中心に県全域を襲い、各地の渓流で土石流が発生した。 続きを読む