安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日、大地震。海岸方面に被害有り、突堤は皆崩れる。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛78

よく似た災害

安政5年の高波

安政5年(1858)7月28日、風波高く、宇佐の海岸が崩れる。/史料掲載:「地震日記4」 続きを読む

安政7年の洪水

安政7年(1860)7月11日及び28日に大水があり、海岸地帯は波が高く被害が大きかった。那賀川筋の土手は残らず切れ、見能林方面も田に海水が入り、稲の... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、伊予灘を震源とするM6.4の地震により、三崎半島に被害が出た。 続きを読む

安政3年の地震

安政3年(1858)、地震。古記によると、双海町沖の海面に潮や泥水が各所に噴き出たとある。その頃から、海岸一帯が地盤沈下し、各井戸に塩水が含有するよう... 続きを読む

安政3年の地震

安政3年(1858)、地震。古記によると、双海町沖の海面に潮や泥水が各所に噴き出たとある。その頃から、海岸一帯が地盤沈下し、各井戸に塩水が含有するよう... 続きを読む