明治32年の水害

災害年月日
1899年00月00日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)の別子銅山の大水害に際して、医師高原清二郎氏が胸の上まで水に浸かりながら病院に行ったところ、暗かったため、包帯の古屑の上に石炭油をふりかけて入口で火を付けて燃やしたところ、辺りが明るくなり、住民は非常に力を得た。(「新居浜史談」による)明かりを灯すことにより、人々が元気になれることを教えている。
地理院地図
Googleマップ
備考
別子銅山の見花谷、両見谷などでは大水害に見舞われた。
参考画像

参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、305頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
別子銅山水害 新居浜史談 教訓
NO.
愛媛9042

よく似た災害

明治32年の別子銅山水害

image

明治32年(1899)、別子山村の見花谷等で大水害が発生し、多数の犠牲者が出た。医師高原清二郎氏が胸の上まで水に浸かりながら病院に行ったところ、暗かっ... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北の暴風雨となり、翌21日にますます猛烈になり、正午頃より水量が増加し、午後2時頃には家屋が浸水するに... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)夏、連日の豪雨により園瀬川は大洪水となり、園瀬橋付近北岸の堤防から決壊し始め、4ヶ村用水下井利付近まで約50間破堤した。人家8戸流... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)、三野町で雨降らず、雨乞い。7月に阿波郡から人形芝居を雇い「天神記」の上演を行ったところ、3日後に雨が降り出したということである。... 続きを読む

明治15年の大火

明治15年(1882)1月13日、観音下の大工の若嫁が朝飯の支度のため、かまどに火を焚いたところ、木切れに燃え移り、折からの西の大風によって火は全町に... 続きを読む