明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県仲多度郡
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日午後9時頃、風向きが東方から西に急転すると同時に猛烈な台風となり、多度津測候所の観測では最大風速が秒速52.5mに達した。このため、わずか数十分の間に多数の死傷者を出す一大惨事となった。短時間であったために農作物の被害は比較的少なかった。出水による損害は、河川堤防の決壊13箇所延長555間、破損90箇所延長1,639間、道路の破損35箇所延長76間などであった、
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県仲多度郡編「仲多度郡史」(臨川書店、1918年)、339-340頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 多度津測候所 堤防決壊
NO.
香川1972

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、風速52m超の台風により、県下では死者340人、負傷者971人、家屋の倒壊14,320戸の被害が出た。近くでは安原の... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により一宮は相当ひどい損害を被った。風速53mの強風が吹いたため、田村神社の随神門が倒壊し、組合立高等小学校も倒... 続きを読む

明治40年9月の台風

明治40年(1907)9月7日、台風が九州西岸から山口県に進んだ。雨量は越知で402ミリに達し、被害は堤防決壊2箇所、延長20間、道路の破損11箇所、... 続きを読む

文久3年の洪水

文久3年(1863)8月12日夜、板野地方の谷川が非常に増水し、堤防決壊30余箇所(延長600余間)で田畑砂入荒れ地となった。夜間であったために被害が... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日午後10時頃、風向が西に移ってから猛烈な台風となり、樹を折り、家を倒して、多くの死傷者を出した後、風力が衰えて翌朝まで... 続きを読む