昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
愛媛県今治市(波方町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震が発生し、高知県、徳島県などの被害が大きかった。愛媛県では昭和2年3月の北丹後地震以来の大きな地震で、松山で震度4であった。このため、道後温泉の湯が止まったり、NHK松山放送局のラジオも一時放送不能となったが、波方町では驚いて家から飛び出した人は多くいたが、特に大きな被害はなかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
森達雄著「波方町百五十年の歩み」(波方町、2005年)、123頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 道後温泉 NHKラジオ
NO.
愛媛85

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、地盤沈下が起こった。沿岸地区の農地300余町歩が耕作不能となったため、復旧対策として客土事業を施行... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海道沖地震が起こった。地震による被害は宿毛の町が大きかったが、津波による被害は大島や片島で大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、三豊郡では沈下が約37~38cmとなり、沈下被害は大川郡と並んで最も被害が大きかった。中でも詫間町... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海の大地震が起こった。地震は大きくなく、家屋等の被害は割合に少なかったが、海岸線の地盤沈下が70~80cmとひどかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、広見町では家が揺れ動き、タンスが今にも倒れそうになった。地震は数分間のものであったが、翌朝には土蔵... 続きを読む