宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、「大地震壱剋之間十日酉剋迄七ヶ之間」にわたり揺れた。(「越智嶋日記」による) この時の地震は、道後温泉の湧出を一時止めるほどのものであった。(「垂憲録拾遺」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1015頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 越智嶋日記 道後温泉 垂憲録拾遺
NO.
愛媛91

よく似た災害

寛永7年の地震

寛永7年(1630)11月5日、地震により、道後温泉の湧出一時止。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、諸国大地震、道後温泉の湧出止まる。翌年4月1日湧出。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震で道後温泉の湧出が止まり、湯神社などに祈祷を命じた。(「垂憲録」「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。道後温泉の湧出が145日間止まる。 続きを読む

貞享2年の地震

image

貞享2年(1685)12月10日、地震により、松山城が破損、道後温泉の湧出止む。潰家多く、道後温泉は黄濁。 続きを読む