安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日、「四つ時大地震、去虎霜月五日よりも大なり。尤少の間震し故、格別痛損なし、然共松山、今治辺多分の痛に候、当村(井口村)にても森川辺格別大震なり」。(「藤井此蔵一生記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1015頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 藤井此蔵一生記
NO.
愛媛92

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日から6日にかけて、大地震があった。「富田有馬右衛門三郎が藩へ報告した記録」によると、「志度浦、津田浦大痛に候へども、怪我... 続きを読む

明治7年の暴風

明治7年(1874)8月21日、朝五つ時に南よりの暴風があり、大木を折り、浦戸村や瀬戸村の石鳥居や家屋を倒すなどの被害を受けた。海上では船が損壊し、夥... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、冬から春にかけて雨が少なく、大豆・小豆の成育が不良である。また、池に水がなく、泉の出水もなく、村内の4、5町の田植えができない。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、大地震が起こり、海岸部で大きな被害が出た。家屋の全壊・半壊は百姓家で1,273軒、土蔵・納屋で1,038軒、郷蔵101箇所... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、伊予、安芸を震源とするM6.4の地震により、郡中で潰家が多数、死者4人、今治の郷町で潰家3戸、死者1人、松山でも門、塀... 続きを読む