寛永7年の地震

災害年月日
1630年12月08日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
寛永7年(1630)11月5日、地震により、泉脈閉塞。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第1巻」(松山市、1992年)、38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 道後温泉
NO.
愛媛113

よく似た災害

寛永7年の地震

寛永7年(1630)11月5日、地震により、泉脈閉塞した。 続きを読む

寛永7年の地震

寛永7年(1630)11月5日、地震により、泉脈閉塞した。(「大日本地震史料(道後温泉誌)」による) 続きを読む

寛永7年の地震

寛永7年(1630)11月5日、地震により、泉脈閉塞した。(「道後温泉誌-愛媛県気象史料」による) 続きを読む

寛永7年の地震

寛永7年(1630)11月5日、地震により泉脈が閉塞した。(「大日本地震史料(道後温泉誌)」による) (註)この地震は、伊予温故録が引用する温泉伝記に... 続きを読む

寛永2年の地震

image

寛永2年(1625)3月18日、地震により泉脈が塞がったため、松山城主蒲生忠知が命じて湯神社に祈祷したところ、後に旧の如く湧出した。(「伊予温故録(温... 続きを読む