明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年04月23日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
風水害  
概要
明治27年(1894)4月23日~9月1日まで135日間干天続き、稲作の被害大。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
観音寺市誌増補改訂版編集委員会編「観音寺市誌 通史編」(観音寺市、1980年)、455頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川2339

よく似た災害

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)6月~8月、70日間干天が続き、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)7月~9月、58日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治23年の干ばつ

明治23年(1890)7月~8月、60日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

寛政10年の干ばつ

寛政10年(1798)5月16日~8月15日、90日間干天続き、秋作皆無多し、窪地の岩戸出間以東は豊作。(「戸波村史」による) 続きを読む

明治13年の干ばつ

明治13年(1880)6月は空梅雨、7月~9月は53日間干天が続き、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む