昭和6年の大雪

災害年月日
1931年02月09日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
雪害  
概要
昭和6年(1931)2月9日~10日、大雪25cm。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
観音寺市誌増補改訂版編集委員会編「観音寺市誌 通史編」(観音寺市、1980年)、456頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
香川2350

よく似た災害

昭和62年1月の大雪

昭和62年(1987)1月12日~14日、強い冬型の気圧配置のため、山間部を中心に大雪となった。積雪は久万で55cm、中山で25cm、松山で5cmに及... 続きを読む

昭和59年1月30日の大雪

昭和59年(1984)1月30日、四国の南岸を低気圧が通過し、大雪となり、農業関係に大きな被害が出た。積雪は三島で25cm、松山で14cmに及んだ。(... 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月下旬、冷え込みが続き、各地で大雪となった。山間部では交通が止まり、小中学校が臨時休校した。積雪は梼原で60cm、東津野で34... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日午後2時頃、香川県地方に大雪警報が出された。これは昭和16年に高松地方気象台が開設されて以来初めてのことであった。大雪... 続きを読む

昭和35年の大雪

昭和35年(1960)1月24日~25日及び27日~29日、西高東低の気圧配置になり、強い季節風の寒波による大雪に見舞われた。柚の木で25cmの積雪が... 続きを読む