安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒、土蔵の全半潰17箇所、下級藩士の家では全半壊114軒、町方の家屋では全半潰68軒、百姓家の全半潰1,273軒などの被害が出た。道後温泉の湧出も止まる。即死者2人。(「池内家記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、211頁及び538-539頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 松山城 死者 道後温泉 池内家記
NO.
愛媛133

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日及び7日、松山で大地震。被害は松山御城内、家中、郷町に及び、本丸石垣孕2箇所、同所塀屋根瓦壁落、二の丸塀屋根瓦壁落、同所... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、大地震が起こり、海岸部で大きな被害が出た。家屋の全壊・半壊は百姓家で1,273軒、土蔵・納屋で1,038軒、郷蔵101箇所... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後5時、大地震があり、土塀などが倒れた、その後網船などが沖に流され、老人や女子供などは大信寺、一乗寺に避難した。午後8... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の大地震により、四国全部で被害が出た。倒家も出た。5日は一夜に5、6度も震動し、6日も7、8度震動、14日まで... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)の安政南海地震により、香川県にも被害が出た。 続きを読む