慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日より大雨となり、8日夜に大暴雨となった。財田川は各所で堤防決壊し、下流一帯の地は海となり、流岡町、村黒町では濁流が床上1.5m浸入し、人々は屋根や樹木の上に難を避けた。また、観音寺町では濁流が屋上を越えるところもあり、家屋や家具の流失、死体の漂流が夥しく、惨状を極めた。これは寅年の洪水として語り伝えられている。(「讃岐大日記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
観音寺市教育委員会編「観音寺市誌」(観音寺市、1962年)、597頁及び608頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 死者 寅年の洪水 讃岐大日記
NO.
香川2490

よく似た災害

慶応2年の寅の洪水

慶応2年(1866)8月1日より豪雨が降り続き、8日夜には暴風雨となり、山々の濁水は滝のように流れ、高瀬川の堤防は各所で決壊し、大見、高瀬、吉津の村民... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日から降り始めた雨は、15日午後2時には豪雨となり、5時頃から雷鳴を伴い大雨となって、至る所で山崩れが起こり、9時頃には松... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月6日より豪雨となり、8日には吉野川、祖谷川は最高の水位を示し、かつてない大洪水となった。この時には、大利込観音堂の根石まで水が... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月5日~7日豪雨が続き、大洪水となり、各所で堤防が決壊し、田畑・人家の流失多く、被害甚大。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)、肱川の洪水により、肱川橋通りでは浸水4尺となり、若宮では濁流により家屋が倒壊した。また、新谷国民学校裏の山や大成地区、米津地区... 続きを読む