大正9年の台風

災害年月日
1920年09月21日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)9月21日、大暴風雨により財田川の決壊多く、小岡集落の北方で100m余り決壊し、土砂は観音寺駅付近に達し被害甚大であった。皇室より本県に8,000円の見舞金の恩賜があった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
観音寺市教育委員会編「観音寺市誌」(観音寺市、1962年)、756頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 財田川決壊
NO.
香川2514

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)9月21日、大暴風雨により財田川が小岡北方で100mにわたり大決壊、観音寺駅近辺まで土砂を流す。稲作はほとんど稔らず被害甚大のため... 続きを読む

大正元年の風水害

大正元年(1912)9月、県下風水害激甚。皇室より救助金1,000円を賜う。(「愛媛県誌」による)/9月、暴風雨あり、被害少なからず。殊に渦井川、室川... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月、暴風雨により被害甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日の洪水では、「7月11日は特に甚しく小野川は未曾有の出水にして、小野川橋が破損して鉄道遮断。12日には拝志村下林開発の... 続きを読む

大正元年の水害

大正元年(1912)9月、大水害があり、香川町で岩崎橋が流失し、浸水水田も多く、稲が倒伏して被害甚大であった。 続きを読む