慶応2年の寅の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
香川県三豊市(山本町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日から8日まで降り続いた大雨のため、財田川と河内川は大水となり、田畑、人畜、家屋を押し流した。この時の水位の高さは、西上の宗運寺の石段で手が洗えたという。泥水が引いた後には、砂や石が20cmも積もっていた。この洪水は寅の洪水と言われる。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修山本町誌編さん委員会編「新修 山本町誌」(山本町、2005年)、130頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅の洪水 財田川 河内川 宗運寺
NO.
香川2557

よく似た災害

慶応2年の寅の洪水

image

慶応2年(1866)8月1日から8日まで降り続いた大雨のため、財田川と河内川は大水となり、田畑、人畜、家屋を押し流した。この時の水位の高さは、西上の宗... 続きを読む

明和9年の辰の洪水

image

明和9年(1772)8月の台風は「辰の洪水」と呼ばれ、川の氾濫や田畑の流出などにより、讃岐では破壊家屋19,000余戸、死者46人、牛馬74頭の被害を... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日、寅の水という。富岡の土手が切れたため、水が大層押しかけて座上3尺になって、皆避難。(「富岡町史」による)(那賀川における... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日、寅の水という。富岡の土手が切れたため、水が大層押しかけて座上3尺になって、皆避難。(「富岡町史」による)(那賀川における... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月5日から三日三晩降り続いた雨が大洪水になり、知恵島が全部浸水したのはもちろん、柿原・島田の庚申堂まで浸水したという。 続きを読む