昭和40年の洪水

災害年月日
1965年09月14日
市町村
香川県三豊市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
昭和40年(1965)9月14日から19日にかけての長雨と、台風2号の北上に伴う秋雨前線による集中豪雨により、高瀬川が増水し、三野町役場下流100mの左岸堤防の外側が崩れた。このため、水防団や近隣住民が総出で決壊防止のための応急措置を行った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三野町誌編集委員会編「三野町誌」(三野町、1980年)、103頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 台風 秋雨前線 水防活動
NO.
香川2591

よく似た災害

文化13年の洪水

文化13年(1926)8月2日、大洪水により、田野の堤防が崩れた。後に堤防の大普請があった。 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月6日、台風8号による集中豪雨のため、雨量は1時間に65ミリ、16時間に385ミリに達した。このため、各地で山崩れ、河川の氾濫... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月10日、再度の出水のため、櫛生小学校の運動場の一部が流失し、大豆畑5畝、甘藷畑4畝が流れた。(「櫛生小沿革誌」による)堤防... 続きを読む