享保14年の洪水

災害年月日
1729年00月00日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)秋、高松藩領は四度の風雨洪水により「破面」となり、29,000石の年貢減となる。(「恵公外記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、330頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 恵公外記
NO.
香川2602

よく似た災害

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、大干ばつにより、高松藩の年貢が37,000石の減収となる。(「恵公外記」による) 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)、洪水により、宇和島藩領で田畑損耗14,914石。 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、洪水により、宇和島藩領で田破損7,039石、死者3人。 続きを読む

享保11年の洪水

享保11年(1726)、洪水により、総社川左岸の小泉村では、高30石余の新田がすべて川成地となり、年貢米徴収は不可能になった。この時、対岸の中寺村でも... 続きを読む

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)7月28日、8月晦日、大風、洪水、いなごの害甚大、年貢減免、難民救済。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む