天保5年7月の風雨

災害年月日
1834年08月27日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
風水害  
概要
天保5年(1834)7月23日及び閏7月6日、二度の風雨のため、高松藩内で広大な田畑損耗、ため池・橋などの決壊。塩田でも被害甚大。(「高松藩御令條之内書抜」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、330頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 高松藩御令條之内書抜
NO.
香川2609

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起きた。香川県では、死者52人、負傷者273人、全壊家屋608戸、半壊2,409戸のほか、埋... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)、暴風雨により、農地の浸水・流失・埋没8,148ha、農道の決壊・流失408箇所、延長15.7km、水路の決壊・流失264箇所、... 続きを読む

元文4年の風雨

元文4年(1739)、大風雨により、堤防決壊多し。(高松藩の災害記録)/小豆島で大雨により、草加部村の川堤防・塩田の堤防破損。 続きを読む

天保4年の風雨

天保4年(1833)8月、大風雨。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

天保4年の風雨

天保4年(1833)8月、大風雨。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」等による) 続きを読む